冷え性を改善!体の冷えを解消する為に必要な4つのこととは?

この記事は3分で読めます

SPONSORED LINK

冷え性を改善!体の冷えを解消する為に必要な4つのこととは?

体が冷えていると老けやすくて太りやすくなるってホント?


体が冷えると老けやすく太りやすくなります

その理由は・・・

通常、体の「熱」は血液の流れ(血流)によって体のすみずみまで運ばれていきます。

でも体が冷えてしまうと血流が悪くなり熱だけでなく栄養や傷ついた細胞を治す物質さえも運べなくなります。

細胞を修復する物質を体のすみずみまで運べなくなると治せなくなるので細胞はどんどん傷ついて壊れていってしまいます。

細胞が壊れていくと人の体は「老化」が速くなってしまうのです。

そして他にも体が冷えていると「基礎代謝力」が低くなってエネルギーを消費する能力が下がります。

その結果、食事で摂ったエネルギーがたくさん余って「脂肪」が付きやすくなってしまいます。

その脂肪がたくさん付くことによってどんどん太っていってしまうのです。




冷え性になる原因て何?


冷え性の原因は色々と考えられますが、その中でも主な2つの原因についてお話させていただきます。

① 「ストレスや悩み」

様々な不安や悩みを抱えていると大きなストレスを感じます。

長くストレスを感じていると「自律神経(じりつしんけい)」のバランスが悪くなって体の体温をうまく調節できなくなってしまいます。

(自立神経には体温を調節する機能があります)

体温を調節できなくなると体が冷えて「冷え性」になってしまいます。


 「下半身の体温が上半身にくらべて低い」

下半身の体温が上半身にくらべて極端(きょくたん)に低いと、血の巡りが悪くなって体が冷えた状態になります。

この「冷え」の状態で体が冷えて辛いと感じるようになると「冷え性」となります。

特に女性の場合は男性にくらべてズボンじゃなくタイツを履いたりするのでかなり下半身が冷えやすいです。

(ゆったりとしたズボンの方が下半身を温めてくれます)


体が冷えることによって起こる体のトラブルとは?


he01b

① 「肩こり、腰痛」

冷えることで「肩」や「腰」の血行が悪くなります。

そして血行が悪くなることで筋肉が疲れを回復できなくなるので「筋肉疲労」を起こします。

筋肉疲労の状態になると痛みを出す物質が発生して、筋肉が硬くなってさらに血行が悪くなってしまいます。

その結果、「肩こり」や「腰痛」になってしまうのです。


② 「不眠になる」

眠る時に、体の手や足先といった末梢(まっしょう)の血流が増えることで脳の血流が減ります。

脳の血流が減ると脳があまり動かなくなるので眠りにつくことができます。

でも、体の手や足が冷えていて血液が流れにくくなると脳の血流が減っていかないので眠れなくなります。

そうなると全然眠れなくなるので「不眠」になってしまうのです。


③ 「下痢(げり)や便秘になる」

体の内側(内臓)が冷えてくると腸の働きが悪くなります。

そうなるとすぐに下痢をしてしまったり、便秘になってしまったりします。


体の冷えを改善する為に必要な4つのこととは?


he01a

① 「自律神経のバランスを整える」

「寒い」と感じると自律神経の交感神経が熱を逃がさないように末梢の血管を小さくします。

そうすることで体は暖かさを保つことができるのですが、交感神経が過剰に働いて血管を小さく締めすぎると体が冷えるようになってしまいます。

反対に交換神経が全然働かずに副交感神経だけが働いても血管を小さくしないので体の熱が逃げて行ってしまいます。

なので大事なのは交換神経と副交感神経のバランスなのです。

なるべくストレスを溜めないようにしたり、リラックスできる時間を作るようにしてください。


② 「血行の改善」

冷えを解消する為には血液の流れ(血流)を良くする必要があります。

その為には、硬くなってしまった筋肉を暖めてほぐしてあげなければいけません。

筋肉をほぐすために行ってほしいことは・・・

「全身浴」です。

半身浴だと首や肩が出ていて温まりにくいので全身浴をして体全体を温めてください。

リラックスできるので自律神経のバランスを整える効果もあります。


③ 「適度な運動」

血液の流れ(血流)を良くする為には運動はとてもいいです。

体を動かさないと筋肉のコリがとれずに、どんどん体が硬くなって冷えるようになってしまいます。

でも、運動をすれば熱を体に作ることができるので筋肉が温まってコリをほぐしてくれます。

一日に10~15分ほどウォーキングをするだけでも冷えの改善には大きな効果があります。

そして適度な運動は血行も改善してくれるのです。


④ 「バランスの良い食事」

ダイエットなどで、かたよった食事をしているとエネルギー不足で体に必要な熱を作ることができません。

特に「タンパク質」は熱を作るのに最適なので必ず摂るようにした方がいいです。

それと「炭水化物」は熱に変わりにくいですが、筋肉を使うことによって熱に変わるので炭水化物を摂った時は運動をするようにしてください。


さいごに


「冷え性」になっていなくても体が「冷え」ている状態の人はたくさんいます。

体が冷えていると様々な不調やトラブルの原因になってきます。

「自律神経のバランス」

「血行の改善」

「適度な運動」

「バランスの良い食事」

この4つを意識することによって「冷え性」の元となる体の「冷え」を改善することができます。

あなたの生活環境に合わせて無理をせずに少しづつ改善していってください。

そして「老けやすく太りやすい体」を変えていってください。