インフルエンザの症状!風邪とインフルエンザの違いとは?

この記事は3分で読めます

インフルエンザの症状!風邪とインフルエンザの違いとは?

インフルエンザと風邪の症状の違いとは?


インフルエンザと風邪の症状で一番違うことは・・・

風邪は「喉(のど)の痛み」や「鼻水)」など部分的な症状が最初に出てから体全体に「だるさ」や「関節の痛み」などがあらわれます。

それに対してインフルエンザは最初に「高熱」が出るのと同時に体全体に症状が出てきます。

風邪は「部分的な症状が先」で「体全体に症状が出るのが後」

インフルエンザは「体全体に症状が出るのが先」で「部分的な症状が後」

と症状が反対なんです。

インフルエンザと風邪は違いが分かりづらいので一つの目安にしてみるのもいいと思います。


インフルエンザの初期症状とは?


if02a

インフルエンザウイルスが人の体の中に入ってからだいたい1~3日くらいで「初期症状(しょきしょうじょう)」がはじまります。

まず最初にいきなり38~40度の「高熱」が出ます。

それと同時に体が寒くなる「悪寒(おかん)」や「頭痛」「せき」などの症状があらわれます。

他には体がだるくなる「倦怠感(けんたいかん)」

ご飯が食べたくなくなる「食欲不振(しょくよくふしん)」

そして体中が「筋肉痛」や「関節痛」などで痛くなります。


(インフルエンザウイルスが容赦なく体中で暴れまくっているのです!やめてー!)


これがインフルエンザの初期症状なのです。


SPONSORED LINK



初期症状が終わると次はどんな症状があらわれるの?


インフルエンザの初期症状だけでも相当辛いのにその後は・・・

「鼻水」

「咳(せき)」

「喉(のど)の痛み」

「胸の痛み」

などの症状があらわれます。


インフルエンザの熱が出た時の症状とは?インフルエンザでも熱が出ないことってあるの?


if02b

インフルエンザウイルスが人の体の中で細胞を使って自分のコピーを数千万個~1億個を量産したらインフルエンザの症状があらわれて発熱します。

その時の発熱は風邪のようにジワジワと熱が上がってくるのではなく一気に38度以上の高熱になってしまいます。

子供の場合だと一度熱が下がっても1~2日でまた熱が上がることがあるので注意してください。

インフルエンザでも熱が出ないことはよくあります。

実際には

「インフルエンザで高熱が出る人」

「インフルエンザで微熱だけが出る人」

「インフルエンザにかかっていることにすら気づかない人」

がいます。

インフルエンザウイルスの種類によって症状が大きく変わるのと、予防接種を受けている人は症状が軽くなって熱が出ない場合もあります。

(a型インフルエンザと違いb型インフルエンザは熱が出ないで腹痛や下痢の症状しかでない場合があります)

高熱が出た時には「首の周り」や「脇(わき)の下」などの太い血管がある所を「保冷剤(ほれいざい)」や「濡れタオル」などで冷やすと熱を下げる効果が高くなりますよ。


インフルエンザで下痢(げり)になることってあるの?


インフルエンザで下痢になることはあります。

特にb型のインフルエンザだと腹痛や下痢、嘔吐(おうと)などの症状になりやすいです。

お腹がかなり痛くなって下痢が続いて「胃腸炎(いちょうえん)のような症状になります。

何かを食べるとすぐにお腹が痛くなってしまったりするのです。

(食べなくても急に痛くなったりします)

本来、b型のインフルエンザに「下痢」や「嘔吐(おうと)」「腹痛」などの症状が多いのですがa型のインフルエンザでもたまに症状があらわれます。

それとタミフルの薬を飲んだ時に下痢になってしまうこともあります。


インフルエンザにかかった子供に対して絶対に注意してほしいこととは?


if02d

基本的にインフルエンザの症状は大人も子供同じです。

「高熱が出て、悪寒がして、関節が痛くなって・・・」といった感じで。

でも子供がインフルエンザにかかった時に絶対に注意してほしいのが「解熱剤を使いすぎる」ことです

子供が高熱を出すとすごく心配になって「早く熱を下げないと!」て思ってしまいますが、実際には熱が出るのは免疫がウイルスと戦っているからでもあるんです。

そして免疫はウイルスと戦うことによって「免疫力」をつけてウイルスにかからなくなります。

それと多くの人が誤解していますが「タミフル」や「リレンザ」などの薬はウイルスを退治してくれるものではないです。

あくまでもウイルスが増えるのを遅らせてくれるだけなのです。

実際にインフルエンザウイルスを退治できるのは薬ではなく体の中にいる「免疫」という勇者たちだけなのです。

if-01e
   ↑
免疫チームのみなさん


それと、子供は大人と違って脱水症状になりやすいのでスポーツドリンクなどでマメに水分補給をするようにしてください。

他にも子供は熱が下がってもすぐにぶり返すことがあるので油断をしない方がいいです。


インフルエンザの咳(せき)がいつまでたっても治らないのはなぜ?


インフルエンザで熱が下がって他の症状がなくなっても「咳(せき)」の症状だけが治らないで続くことがあります。

原因は「喉(のど)」や「気管支(きかんし)」などが敏感になっているからです。

対策としては、なるべく乾燥をさせないようにした方がいいです。

乾燥している空気を吸い込んでしまうと喉を刺激して咳が止まらなくなってしまったりします。

(インフルエンザが流行る冬は特に空気が乾燥しています)

「加湿器」を使ったり「加湿ぬれマスク」なんかを使って喉を乾燥から守ってあげてください。


さいごに


インフルエンザは早期発見をして早めに病院で受診すると症状を軽くおさえることができます。

でも、最近のインフルエンザは熱が出なかったりといった自覚症状をあまり感じない場合が多いです。

たとえ熱が出なかったとしても「頭痛」や「体のだるさ」といった症状はあらわれるので「なんか調子が悪いな・・・」と感じたら早めに病院で診てもらうことをおすすめします。


関連記事