ダイエットに筋トレが必要なホントの理由とは?

この記事は3分で読めます

ダイエットに筋トレが必要なホントの理由とは?

痩せるのに筋トレってホントに必要なの?


必要です!


食事だけのダイエットでリバウンドが多いのは「太りやすい体」を作ってしまっているからです。


食事で摂取カロリーを気をつけることは大事ですが、痩せるためにもっと必要なのは基礎代謝を高めることです。


その為には筋トレが必要になってきます。


これからダイエットに筋トレが必要なホントの理由について詳しくご説明させていただきますので、あなたがダイエットをする時の参考にしてみてください。


お腹が出てしまう理由とは?


「20代の頃に比べて30代になってから急にお腹が出てきた」

「食べる量が変わったわけでもないのに太りだした」

こういった経験はありませんか?


年を取ると誰でも太りやすくなります。

その理由は・・・


筋肉が減ることによって基礎代謝が低下するからです。


筋肉量は30代になると毎年1%つづ減っていきます。

そして、50代から減る筋肉量は一気に倍増します。

何もしないでいると基礎代謝が低下してどんどん太りやすくなるのです。


太ったり、お腹が出てしまうのは「摂取カロリー」が「消費カロリー」を上回るからです。

「摂取カロリー」は体に取り入れるエネルギーのことです。

食べ物の中でカロリーを持っているのは「炭水化物」「タンパク質」「脂肪」の三大栄養素と言われるものです。

「消費カロリー」は体を動かしたり、基礎代謝で消費するエネルギーです。

人は食べ物や飲み物から栄養として「摂取カロリー」を取り入れます。

飲食から摂ったカロリーを必要な分だけ消費して、余ったカロリーは「体脂肪」として体に溜めておきます。

そして、年齢を重ねていくと内蔵脂肪が溜まりやすくなるのでお腹が出てしまうのです。


SPONSORED LINK



筋肉が減るから太る理由とは?


食べ物から摂り入れた摂取カロリーが消費カロリーで消費しきれないと余ったカロリーが体脂肪となって太る原因になります。

反対に摂取カロリーを消費カロリーが上回れば痩せていきます。

なので「消費カロリー」を増やすことがとても大事になってきます。

そして、消費カロリーの内訳は・・・


生命を維持するために必要な「基礎代謝」が60~70%


仕事や運動で消費する「生活活動代謝」が20~30%


食べ物を摂取した時に消費する「食事誘導性熱代謝」が10~20%


となっています。


この結果をみて分かるように・・・

消費カロリーの割合の大半を「基礎代謝」が占めています。


ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で消費されるカロリーは基礎代謝に比べるとかなり少ないです。

実際に体重が60kgの男性が30分間ジョギングをして消費されるカロリーは240カロリーです。

(あまり効率的ではないですよね)

有酸素運動でカロリーが消費されるのは運動をしている間だけです。

でも、基礎代謝を上げれば何もしなくてもカロリーはどんどん消費されていきます。

そして、基礎代謝を上げるために必要なことは・・・


筋肉量を増やすことです。


筋トレで筋肉量を増やすことによって基礎代謝が上がって、効率的に消費カロリーを高めることができるのです。


食事だけのダイエットではリバウンドしやすいってホント?


kk03c

ホントです。


多くの人が食事だけのダイエットに取り組んでリバウンドしています。


その理由は・・・


食事制限だけをして運動をしないからです。



食事制限をすると体重だけでなく筋肉量も減っていきます。


筋肉量が減るということは、基礎代謝の能力も減っていくことになります。

基礎代謝が低下すれば消費カロリーが減るから少ない摂取カロリーでも体脂肪が増えやすくなります。

ちょっとしか食べていなくても太ってしまう体になってしまうのです。

そうなると、せっかくツライ食事制限で体重を減らしても、実際には苦労して「太りやすい体」を作っていることになってしまいます。

食事制限のダイエットだけではリバウンドしやすくなるのは筋肉が減って基礎代謝も低下するからです。


食事制限と有酸素運動だけのダイエットは意味が無い?


食事制限をして有酸素運動もすれば体重は落ちていきます。

そして痩せることができます。

でも、有酸素運動では筋肉量は増えないです。

ずっとジョギングを続けることができればいいのですがヤメてしまったら?

筋肉量が増えているわけではないので基礎代謝は低いままです。

基礎代謝が低いのでジョギングをヤメてしまうと体重を維持できなくなる可能性が高いです。

そうなるとせっかく落とした体重が増えていってしまいます。

食事制限と有酸素運動のダイエットは効果的ではありますが、筋肉量を増やして基礎代謝を高める方が効率的です。

体脂肪を落として理想の体型を手に入れる為には筋トレでトレーニングをして基礎代謝を高める必要があるのです。


脂肪と筋肉量が見た目を変える理由とは?


人の体の見た目は脂肪と筋肉の割合によって変わります。

筋肉よりも脂肪が多ければ太っています。

筋肉も脂肪も少なければガリガリの体型になってしまいます。

細マッチョの人はマッチョの人よりも脂肪が少ないです。


あなたが理想の体型になるには、脂肪を減らして筋肉量を増やす必要がるのです。


さいごに


ダイエットで部分的に痩せることは難しいですが筋肉はつけたい場所に部分的につけることができます。

逆三角形の体になりたければ肩や胸を鍛えることでたくましい逆三角形の体を手に入れることができます。

筋トレで基礎代謝を高めて余分な脂肪を減らして、太りにくい理想の体型を手に入れてください。


関連記事