筋トレダイエット!美しく見える理想的な体脂肪率はどれくらい?

この記事は3分で読めます

筋トレダイエット!美しく見える理想的な体脂肪率はどれくらい?

美しく見える「女性」の理想的な体脂肪率はどれくらい?


筋トレやダイエットをしていると「体脂肪率」は気になるものです。

体脂肪率は高くても低くても悪影響が出てしまいます。

それでは理想の体脂肪はどれくらいなのでしょうか?

一般的には・・・

女性の場合は 22~23% と言われています。

ただ、シャープなモデル体型を目指すなら20%以下の体脂肪率が必要になってきます。

20%以下になると、うっすらとお腹周りや腕に筋肉のラインが見えてきます。

パッと見で「美しい」とか「カッコいい」と感じる体になります。

でも、注意をしなければいけないのは体脂肪率が17%以下にならないようにすることです。

どうして17%以下になってはいけないのかと言いますと、体脂肪率が低くなり過ぎるとホルモンバランスが崩れて女性の機能が保てなくなる可能性があるからです。

(子供が産めない体になる可能性があるのです)

体脂肪率が20%以下になっても、ただ食べずに脂肪を落とした状態と筋トレによって脂肪を落とした状態だと美しさにも違いが出てきます。

運動をしないで、食べないことだけで体脂肪を落とすと「病的な細いスタイル」になります。

筋トレダイエットをして、運動と食事制限で体脂肪を落とした場合は「健康的な細いスタイル」になります。

でも、少し丸みがあった方が理想的だという場合は、体脂肪率「22~23%」を目指すようにしてください。


美しく見える「男性」の理想的な体脂肪率はどれくらい?


男性の体が美しく(カッコよく)見える理想の体脂肪率は 10%以下 です。

男性は女性と違って脂肪を蓄えておく必要が無いので、筋肉がハッキリと見えて腹筋が割れている状態になるには体脂肪率10%以下を目指してみてください。

ただ、体脂肪率を10%以下に落とすのはとても大変なことです。

相当な運動量と厳しい食事制限が必要になってきます。

なので、最初から10%以下を目指すのではなくまずは「12~13%」の体脂肪率を目指した方がいいかもしれないです。

男性は12~13%でも理想の体型と言われていますので。


SPONSORED LINK



体脂肪を落とす時に気をつけなければいけない事とは?


女性も男性もですが体脂肪を落とすと「免疫力が低下」しやすくなります。

免疫力が低下すると風邪などの感染症にかかりやすくなってしまのです。

女性でもマラソン選手やトップアスリートの場合は体脂肪率が15%以下だったりしますので体調を崩しやすかったりします。

体脂肪を落とし過ぎるとデメリットも出てくるので注意するようにしてください。


体脂肪率はどれくらいになると美しさや若々しさが無くなるの?


体脂肪率は外見に大きく影響を及ぼします。

見た目だけの目安で言えば女性の場合は「25%以上」で男性の場合は「15%以上」です。

体脂肪率が増えると「ぽっちゃり体型」になったりお腹が出てきたりします。


ランニングをすると脚が太くなるってホント?


kk09a


体脂肪を減らすにはランニングのような有酸素運動をすることは、とても効果的です。

ですが、「ランニングなどをして脚に筋肉が付くと太くなってしまう」と思って運動をしないで体脂肪を減らそうとする人は少ないくないです。

でも実際には女性の場合は、男性のように筋肉を肥大化させるホルモンが少ないのでランニングをして脚が太くなるということはあまり無いです。

ランニングをして脚が太くなる女性は、元々の脂肪を減らさずに筋肉を付けているからです。

食事制限も何もしないで脂肪の量が変わらない状態で筋肉を付けてしまっているのです。

体脂肪を効率良く落としたい場合や脚を細くしたい場合は、摂取カロリーを減らして、筋トレで脚に筋肉を付けて、ランニングなどの有酸素運動をすることが一番良いのです。

健康的で美しい理想的な脚は、筋肉量が多く脂肪が少ない脚です。

そして、太りにくい脚でもあります。

それと、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が発達すると脚が太く見えて、太ももの後ろ側の筋肉(ハムストリングス)が発達している人は脚が細く見えやすいです。

あとは、猫背のように姿勢が悪い人は歩く時に前に加重がかかるので太ももの前側ばかりが刺激されて脚が太く見えやすくなったりします。

正しい姿勢でいる場合は、太ももの後ろ側が刺激されるので健康に良いだけでなく脚が太く見えにくくなります。


さいごに


脚に筋肉がつくことは体脂肪が減ったり、脚が細く見えたりするだけでなく健康面でもとても良いことです。

老化は足腰から進みます。

でも、脚の筋肉を付けておくことで「歩く」「階段の上り下り」「腰をかがめる」といった行為が無理なく行えるようになります。

反対に脚の筋肉がなくなると太るだけでなく、将来的には歩くことができなくなって自分でトイレに行けなくなったり、膝関節や股関節などを痛めやすくなったりもします。

何歳になっても自分の脚で歩いて、病気やケガをしない体にするためにも筋トレはとても大切な物なのです。


関連記事