夏風邪になる原因や症状とは?治し方で必要な3つの事とは?

この記事は4分で読めます

夏風邪になる原因や症状とは?治し方で必要な3つの事とは?

夏風邪とは?


風邪のウイルスというのは200種類以上あるといわれています。

そのウイルスの中でも夏の暑さと湿気を好んで活発に活動するウイルスがあります

夏に活発に活動するウイルスに感染してしまうことを「夏風邪(なつかぜ)」と呼んでいるのです。

夏風邪の流行る時期は気温と湿度が高い5月から8月です。

それと、夏風邪は重症化してしまうと「失明」「痙攣」そして場合によって「死」に繋がることがあります。

なので、夏風邪といって軽視してしまうと、とても危険なことになる可能性があるのです。


夏風邪の原因とは?


kz02a

夏風邪になる原因は「体を冷やす」ことです。

「夏なのに体が冷えるの?」て思うかもしれませんが、夏でも体が冷えることはよくあります。

例えばですが・・・

暑くて汗をたくさんかいた状態でクーラーや扇風機に長くあたっていると汗が引っ込んで急に寒くなってしまったりします。

汗を急に引っ込ませると「風邪」だけでなく「下痢」や「神経痛」といった症状を起こすことになります。

他には夜、寝るときに暑くて、朝方急に冷え込むことってありますよね?

そういう時って「脚を布団から出して寝る」ことって多くないですか?

脚が冷えてしまうと様々な症状が表れてきます。

どういう症状が起きてくるかといいますと・・・

「神経痛」「リューマチのような筋肉痛」「脚がだるい」「目が痛い」「腹痛」「胸痛」「頭痛」「吐き気」

そして「夏風邪」にもなってしまいます。

脚を冷やすだけで、こんなにたくさんの嫌な症状が表れてくるのです。

なので暑いからといって脚を冷やし過ぎないように注意してください。

(脚が冷えて調子が悪くなった時には足湯をすると症状が軽くなることがあります)

あとは、エアコンや扇風機によって喉や鼻の粘膜が乾燥してしまうことも夏風邪を引く原因となります。


SPONSORED LINK



夏風邪の症状とは?ウイルスによって症状が違うの?


夏風邪の症状は主に「頭痛」「喉の痛み」「発熱」「下痢」「腹痛」などです。

ただ、これらの症状は感染したウイルスによって変わってきます。

夏風邪の原因となる代表的なウイルスは「アデノウイルス」「コクサッキーウイルス」「エコーウイルス」「エンテロウイルス」などです。


「アデノウイルスの症状」


アデノウイルスの「アデノ」は「喉(のど)」という意味です。

症状としては「喉の痛み」「苦しくて激しい咳(せき)」「発熱」「結膜炎」となっています。

そしてお腹にまで症状が表れると「下痢」や「腸炎」なども引き起こします。

アデノウイルスはインフルエンザウイルスの次に人の体から検出されることが多いです。

夏のプールで感染するウイルスは、このアデノウイルスです。

子供がよくかかるウイルスですが、大人でもかかります。


「エンテロウイルスの症状」


エンテロウイルスの「エンテロ」は「腸」という意味で、腸の中で繁殖します。

症状としては「発熱」「喉の痛み」「腹痛」「下痢」となっています。

場合によっては皮膚の疱疹を起こすこともあります。

※「疱疹(ほうしん)」というのは、皮膚に「水疱(すいほう)」が集まった状態でヘルペスともいいます。

主な症状では「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」がありますが、チクチク針で刺されたような痛みがあります。


「コクサッキーウイルスの症状」


コクサッキーウイルスはエンテロウイルスの仲間で症状としては「喉の痛み」があります。

それと熱が上がりやすく「高熱」がでるのも特徴の一つです。

他には「口内炎」になることもあります。

幼い子供がかかりやすいウイルスですが、成人でも発病します。


「エコーウイルスの症状」


エコーウイルスは子供がかかりやすい夏風邪です。

エコーウイルスはエンテロウイルスやコサッキーウイルスと同じ腸内ウイルスです。

症状としては「腹痛」「下痢」「発熱」となっています。

そして特徴としては高熱が出て一度、熱が下がってからまた熱が上がります。

熱が下がった後には、頬や手足に発疹が表れます。

他にも「悪寒」「吐き気、嘔吐(おうと)」「頭痛」といった症状が表れます。

(咳や鼻水といった症状はほとんどないです)

大人は子供と違ってエンテロウイルスの免疫がついている場合が多いので感染しても、症状が表れない(気づかない)場合があります。


夏風邪の治し方で必要な3つの事とは?


kz02b

夏風邪を治すのに必要な3つの事は「水分」「睡眠」「栄養の高い食事」です。

夏風邪を引くと早く治したくて、薬局で販売している薬を買ってきて飲む人が多いですが、薬局で販売している薬は症状を和らげる効果しかなく治療はできないです。

夏風邪の治し方として、まずは、汗をかいて脱水症状にならないようにマメに「水分」を摂るようにしてください。

水分は、発汗によって失った水分を早く吸収できるポカリスエットなどのスポーツドリンク(電解質飲料)がいいです。

喉が痛くて水分が思うように捕れない場合には、病院に行って点滴をしてもらってください。

「睡眠」は、体力や免疫力を高める為に必要になります。

夏風邪だけではないのですが、風邪を治す時はウイルスと免疫が戦うことになります。

(熱が出るのは、免疫がウイルスと戦っている証でもあります)

免疫は一度戦ったウイルスを記憶するので次からは同じウイルスに感染しなくなります。

免疫力を高めるということは、体の「自然治癒力」を高めることになるのです。

そして「栄養の高い食事」を摂ることができれば回復が早くなります。

ただ、夏風邪の場合は、下痢や腹痛といった「胃腸障害」を引き起こすことが多く、食欲がわかないことがあるので消化の良いタンパク質や炭水化物の食事を摂るようにしてください。


夏風邪が長引く理由とは?


夏風邪が長引くのは、夏の暑さによって「体力」や「抵抗力」が低下しているからです。

夏は、大量に汗をかいて、体内の水分を失ったり、夏バテによって寝不足、食欲不振などといった状態になって免疫力や抵抗力が弱まってしまいます。

なので、ウイルスを退治するまでに時間がかかってしまうのです。


夏風邪と夏バテの違いとは?


「夏バテ」の場合は、夏の暑さによって水分不足になったり、内臓が疲れたりして「疲労感」や「だるさ」「食欲不振」にはなりますが熱は出ないです。

(熱中症なら頭痛や吐き気がします)

なので、微熱で体がだるい場合には、夏風邪の可能性が高いです

夏風邪なのに、たんなる夏バテと勘違いして症状を悪化させることがあるので注意してください。

ただ、夏バテによって体の免疫力が落ちると夏風邪を引きやすくなります。


ヘルパンギーナて何?


kz02c

「コクサッキーウイルス」や「エコーウイルス」が原因で起こる夏風邪です。

突然、発熱と喉の水疱を伴う発赤(はっせき)をするのが特徴です。

(発赤とは、皮膚や粘膜が炎症して、その部分が赤くなることです)

痙攣を起こすこともあります。

通常は、3~4日で治ります。


手足口病とは?


コクサッキーウイルスやエンテロウイルスが原因で起こる夏風邪です。

手の平や足の裏、口の中に水疱ができます。

水疱の症状が消えても1か月くらいは、便からウイルスが出続けます。

まれに、「無菌性髄膜炎」を引き起こして死亡するケースがあります。


咽頭結膜熱(プール熱)とは?


アデノウイルスが原因で起こる夏風邪です。

症状としては「発熱」「喉の発赤」「結膜炎」の3つの症状が表れます。

特徴としては高熱が3~4日ほど続きます。

プールでうつることが多い為「プール熱」とも呼ばれています。


夏風邪はバカが引くってホント?


何の根拠もない、たんなる迷信です。


さいごに


夏風邪は、夏バテと思って、発見が遅れる場合が多いです。

発見が遅れると、夏風邪の症状が長引いてなかなか治らなくなってしまうので、調子が悪いと感じたら早めに病院に行って診てもらってください。

夏風邪は、早期発見することによって症状を重症化させないことが大切になってきます。

そして風邪は「万病の元」と言われています。

風邪を引きやすい体は、他の病気にもなりやすい体ということです。

普段からの生活習慣を気を付けて風邪を引きにくい体づくりをしていってください。


関連記事