風邪予防!風邪を引きやすい人は他の病気にもなりやすいってホント?

この記事は3分で読めます

風邪予防!風邪を引きやすい人は他の病気にもなりやすいってホント?

風邪を引きやすい人は他の病気にもなりやすいってホント?


ホントです。

風邪を引きやすい人は他の病気にもなりやすいです。

「風邪は万病の元(かぜはまんびょうのもと)」という言葉があります。

この言葉は、「風邪を引いてしまうと、そこから悪化して他の病気になってしまう」という意味ではなく、「風邪を引きやすい人は他の病気にもなりやすい」という意味です。

毎年、風邪が流行るたびに風邪を引いてしまう人は 免疫力が低下 しています。

そういった人は、風邪だけでなく「癌(がん)」のような重い病気にもかかりやすいのです。

風邪で大事なのは「予防」です

「手洗い」や「うがい」「マスクの装着」などの風邪予防は必要ですが、それ以上に予防として大切なのは、体の免疫力を高めてウイルスに負けない体にすることなのです。


風邪を引きやすい人は大事な時に体調を崩しやすい?


あなたも経験ありませんか?

大事な時に限って体調を崩してしまうこと。

例えばですが・・・

「受験の時に熱が出る」

「旅行の前に具合が悪くなる」

「面接の時にお腹が痛くなる」

「プレゼンの時に体がだるくなってしまう」

こういった大切な場面になると体調が悪くなってしまうことってありませんか?


これら上記のような症状は・・・


緊張やストレスからくる風邪が原因です。


「は?風邪なんか引いてないけど・・・」て思われるかもしれませんが、たいていは「風邪気味」だった場合が多いのです。

単に「疲れているだけ」と思っている場合が実際には風邪を引いてしまっていることがあるのです。

風邪の症状には様々なものがあります。

代表的なものだと「発熱」「鼻水」「頭痛」「咳(せき)」といった症状で、こういった症状が出ると「あっ!風邪かも」て自覚するようになります。

ただ、他にも「食欲がない」「体がだるい」「くしゃみが出る」「吐き気がする」「筋肉痛や関節痛」「声がかれる」「下痢(げり)」「鼻がつまる」といったものも風邪の症状です。

上記のような症状が出ても「風邪だ」と思うことはあまりないです。

「疲れているのかな・・・」とか「なんか調子悪いな」と感じるくらいだと思います。

でも、実際には知らないうちに風邪を引いてしまっているのです。

普段から風邪を引きやすい人は、免疫力の低下と大事な場面での緊張やストレスによっても風邪を引いて体調を崩しやすくなるのです。


SPONSORED LINK



風邪に本当に効く薬はまだどこにもない?


風邪の正式な病名は「風邪症候群」です。

鼻や喉などに炎症が起きた状態(症状)が風邪症候群になります。

炎症を起こす体の場所によって症状が変わってくるので症候群(しょうこうぐん)という大きなくくりになっているのです。

風邪の約90%は「ウイルス」によるものです。

そのウイルスの数は200種類以上も存在しています。

そして、風邪のウイルスを本当に抑える薬はまだどこにもありません

一度、風邪を引いてしまった場合は「熱を下げる解熱剤」や「咳や鼻水を抑える薬」を飲んで症状をやわらげることしかできないです。

だからこそ予防することが大切で「風邪を引かない体をつくる」ことがとても大事なのです。


風邪を引く一番の原因である免疫力の低下はストレスのせい?


kz03a


風邪を引く原因はその時によって様々ですが、一番は免疫力の低下によって風邪を引いてしまうことが多いです。

そして、免疫力が低下する大きな要因として「ストレス」があります。

ほとんどの人は多くのストレスを抱えて生きています。

仕事のストレス。

人間関係によるストレス。

暑さや寒さによるストレス。

寝不足によるストレス。

などなど心と体にストレスを感じて生きています。

普段から体調管理に気をつかっていても、次の日に大きなプレッシャーのかかることがあれば、緊張感からなかなか寝付けなくて強いストレスを感じてしまうことがあります。

強いストレスは心と体を疲れさせて体調を崩しやすくなります。

ストレスによって体のバランスが崩れて、免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまうのです。

免疫力が低下すると色々な症状が出てきます。

例えば・・・

「体が疲れやすい」

「体が毎日だるい」

「肩や腰が重たい」

「肌荒れがひどい」

などです。

多くの人は、こういった症状がでても「疲れているけど忙しいから仕方ない・・・」と言って我慢してしまいます。

上記のような症状は、体調を崩す前の体からのサインです。

そのままの状態にしていると、免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまうのです。

反対に、この体からのサインを見逃さずにすぐに対応すれば風邪を防ぐことができます。

忙しいとなかなか休みを取るのは難しいかもしれませんが、もしストレスによって「疲れている」と感じたり、体から不調を訴える小さなサインが出てきた時には、早めに休みをとって心身ともにリフレッシュするようにしてください。


さいごに


毎年、風邪を引いてしまう人は、免疫力が低下している証拠です。

疲れやすくなっていたり、寝つきが悪かったり、体がだるくなるのは「体からのサイン」です。

体がSOSを出している状態なのです。

放っておくと風邪を引きやすくなるだけでなく、大きな病気にもかかりやすくなります。

もし、生活習慣が乱れていると感じるなら早めに改善するようにしてください。

早寝早起きをしたり、朝食をしっかりと摂るだけでも免疫力は上がりますので。