頭痛は病気?意外と知らない頭痛の種類とは?

この記事は3分で読めます

SPONSORED LINK

頭痛は病気?意外と知らない頭痛の種類とは?

日本人の4人に1人が頭痛持ち


日本頭痛学会の調査によると日本人の約3000万人以上が頭痛持ちだという統計がでています。

日本人の人口から計算すると4人に1人が頭痛に悩んでいることになります。

そして、多くの人が頭痛になっても市販の薬だけで済ましてしまっています。

(市販の薬を使うことが多くなると別の頭痛の症状を引き起こしてしまう可能性があります)

頭痛を治す為に大切なことは、しっかりと自分の頭痛の種類と原因を知って改善していくことです。

これから頭痛の基本的な種類についてご紹介させていただきますので、あなたの頭痛による症状の参考にしてみてください。


意外と知らない頭痛の種類とは?


頭痛は大きく分けると3つに分類されます。

一つ目は、心配しなくても自然に治る頭痛。

二つ目は、強い痛みを伴う「慢性頭痛(一次性頭痛)」です。

(頭痛持ちの9割は慢性頭痛だと言われています)

三つ目は、命にかかわる危険がある頭痛(二次性頭痛)です。


心配しなくても自然に治る頭痛とは?


心配しなくても「自然に治る頭痛」というのは・・・

  • アイスクリームのような冷たい物を一気に食べて痛くなる頭痛。

  • 風邪を引くことによって起きる頭痛。

  • お酒の飲み過ぎで、二日酔いになってしまったときの頭痛。

  • 上記のような頭痛は、心配しなくても時間が経てば(風邪が良くなれば)自然に治ります。




    強い痛みを伴う「慢性頭痛(一次性頭痛)とは?


    一次性頭痛は原因がはっきりしない頭痛です。

    慢性頭痛の中でも種類があって・・・

    片頭痛(偏頭痛)

    緊張性頭痛

    群発頭痛

    の3つに分けられます。

    片頭痛(偏頭痛)は約800万人以上と言われて女性に多いです。


    命にかかわる危険な頭痛とは?


    二次性頭痛は、命にかかわる危険な病気の頭痛です。

    二次性頭痛は・・・

    脳出血

    くも膜下出血

    脳腫瘍

    脳炎

    髄膜炎

    急性緑内障

    といった病気が原因で起きる頭痛なのです。


    頭痛は女性がなりやすい?


    頭痛になる割合は男性に比べて女性の方が圧倒的に多いです。

    女性に頭痛持ちが多い理由として「女性ホルモン」が関係しています。

    (女性ホルモンのエストロゲンが関係しています)

    女性ホルモンは月経周期によって月単位で変動します。

    そして、初潮や思春期、妊娠、出産、更年期などでもライフステージが大きく変化して女性ホルモンに影響を与えます。

    女性ホルモンへの影響が頭痛にも大きな影響を与えるようになるのです。

    例えば、月経周期に訪れる頭痛は「月経関連片頭痛」と呼ばれていて、頭痛の頻度も高いです。

    頭痛を「生理痛」とだと言っている人が多く、市販の薬を飲むだけであとは我慢したり、様子を見ている人がほとんどです。

    ただ、頭痛は市販の薬を飲むことで解決するものではないです。

    解決するどころか市販の解熱鎮痛薬(痛み止め)を毎回服用することによって、新たに「解熱鎮痛薬誘発性頭痛」という頭痛を引き起こす場合があります。

    市販の薬を飲み続けることで、新しい頭痛が増えてしまうのです。

    あとは辛い片頭痛を「更年期障害」のせいだと思い込み、治療しないで苦しんでいる場合もあります。

    まずは、頭痛を自己判断しないで専門の医師に診てもらうことをおすすめします。


    若い女性に頭痛が増えている原因とは?


    若い女性に頭痛持ちが急増している原因の一つに「ストレートネック」があります。

    ストレートネックというのは、本来は弓なりになっている首の骨が、まっすぐ(ストレート)な首(ネック)の状態になっていることです。

    zt01a

    パソコンを使うデスクワークやスマートフォンを使うことで姿勢が猫背になっていって頭を支える首や背中の筋肉に大きな負担をかけるようになります。

    (うつむいている時間が多くなると本来ある首の骨のカーブを失ってしまうのです)

    男性より首の筋肉が弱く関節が柔らかい女性の方がストレートネックになりやすいのです。

    ストレートネックになると、「慢性的な頭痛」や「首の痛み」「辛い肩こり」といった症状に悩まされるようになってしまいます。

    そして、自分がストレートネックになっていることに気づいていない人もかなり多いです。


    さいごに


    多くの頭痛持ちの人は「頭痛はしかたない」とか「頭痛は治らない」という気持ちで、病院で診てもらうことをしないで市販の薬だけで我慢してしまっています。

    あなたが頭痛で辛い思いをしていたり、悩んでいるなら、まずしなければいけないことは頭痛外来で診てもらうことです。

    「危険な病気による頭痛なのか?」

    「辛い慢性的な頭痛なのか?」

    といったことを診断してもらう必要があるのです。

    大事なのは、我慢したり、あきらめたり、市販の薬だけで済ませたりといった自己判断をしないことです。

    慢性的な片頭痛などの場合は、病院で診てもらっても原因が分からずに痛み止めだけを処方されることもあります。

    ただ、最近では首や足をマッサージしたり、体操することで頭痛を解消する方法や生活環境を改善することで頭痛を解消する方法などの書籍が販売されているし、ヨガやストレッチを行うことで頭痛が解消された人もいます。

    あなたに合った頭痛解消法は必ずあるので、探したり、試すようにしてみてください。


    関連記事